建築遺産のlog!

世界中の建物に行けるといいな

No.198⌒★【敦賀市】重文・名勝…観光客のいない名寺・西福寺/子育てが一番大変な時期は?

【建築遺産のlog!】第198号

2018年5月25日

 

気比の松原をさらに西へと進みます。

1.5kmの松原を抜けていくと、商店はほとんど無くなり、住宅街となっていきます。

シーバスがたくさんいるらしい井ノ口川を渡ると工場街、そして農村になりました。

 

穴地蔵古墳

f:id:aurakei:20180518211123j:plain

井ノ口川を渡ってしばらく歩いたところに県指定史跡になっている、穴地蔵古墳がありました。

横穴式の古墳に、後の世に地蔵様が祀られたことから穴地蔵古墳。

穴地蔵は後の時代に置かれたもので関係ないものですが、古墳自体は7世紀ころの古墳で、製塩を行っていた集団のものではないか、と説明板には書かれていました。

 

敦賀 西福寺

f:id:aurakei:20180518211637j:plain

さらに工場を横目に西へ進んでいくと、田んぼの中に西福寺が現れます。

 

f:id:aurakei:20180518211814j:plain

ここにある建物群(3棟)は重要文化財。

まず現れるのは江戸時代後期に建てられた御影堂。

改修はそろそろ終わっているんじゃないでしょうか。

外れにあるお寺なのに建物は立派なもの。

f:id:aurakei:20180518213115j:plain

その横にある阿弥陀堂。

もちろん重要文化財。

時代は少し下って、江戸幕府が成立する前頃に建てられました。

屋根の反りが強いですねえ。

 

お寺の創建自体は建物の建設年代よりもさらに昔で、南北朝時代にあたる、1368年に建てられたと言われています。

南北朝のうちの北朝の後光厳天皇の勅願で創建されました。

北朝ということは1368年は応安元年になります!(南朝なら正平23年)

 

f:id:aurakei:20180518214852j:plain

阿弥陀堂の横にある書院の方へ、たしか入り口を入ったところに300円を納めて入っていくと(無人)、そこには国指定名勝の庭園があります。

 

重要文化財も名勝庭園もある、このお寺。観光客が来ないのが不思議でしょうがないんですが…。

江戸時代の中期頃と思われるこの庭園は、とても静かな環境で時間が止まったようで心が洗われるようでした。

 

f:id:aurakei:20180518215233j:plain

この書院と阿弥陀堂との間に渡り廊下があって、そこには女性が静かに座っていました。

僕が30分ぐらい庭園を眺めている間、全然動かなかったけど、人形かな?それとも写経でもしてるのかな?

風の音や木の音しかしないこのお寺では集中してものを書くことができそうです。

 

f:id:aurakei:20180519214846j:plain

広い池があって、何やら植物が浮いていました。

池自体はすごく美しいということは無いです。

 

f:id:aurakei:20180519214945j:plain

庭園の奥の方まで登って行くことができました。

写経の女性を除けば、ここには自分ただひとり。広い庭を独占した気になりました。

 

あちらの方に写っているのが、3つめの重要文化財の建物、「書院」です。

見えないが奥が庫裏。

書院と庫裏合わせて重要文化財だということです。

 

f:id:aurakei:20180519215907j:plain

庭園の全体像。近景、中景。遠景はなさそうですが、急斜面にたくさんの植物があって秋は美しい景色になりそうです。

 

★auraの子育て日記(生後9か月)

 

子育てが一番大変な時期は・・?

 

生後9か月を迎えて、今までどの時期が一番大変だったでしょうか。

 

体重の重さ、抱っこの辛さという意味では今が一番大変です。(腕がちぎれそうなほど重い)

 

しかし夜泣きの激しさという意味では、生後すぐが一番大変でした(一晩中泣いてて全然寝られん…)。

 

目が離せないという意味では今が一番大変です(ハイハイして自由に動き回りやがる…)。

 

おむつの交換を考えると生後すぐあたりが一番大変でした(一日何回うんちをするんだ…)。

 

病気のことを思うと、今が一番大変です。(1か月に何度病気をもらってきたら気が済むんだ…)

 

お出かけの大変さという意味では生後すぐ~4か月ぐらいまでが一番大変でしょうか。すぐに泣いたり、興奮しすぎて眠れなくなったり、そもそもベビーカーに慣れてなかったり、車ではいつも泣いていたり、それはそれは大変でした。

 

結論:一番大変な時期は生後すぐor今

 

です。でもその間の時期もかなり大変だったのでご心配なく。

 

No.197⌒★【敦賀市】博物館通りから気比の松原へ/赤ちゃんフェス

【建築遺産のlog!】第197号

2018年5月21日

 

f:id:aurakei:20180516211738j:plain

港の近くにある、敦賀博物館通りです。

県指定の有形文化財の敦賀市立博物館(旧大和田銀行本店)が通りの入り口にあるので、博物館通り。

大和田銀行は三和銀行と合併して、現在ではUFJ銀行の一部となっています(つまりもう無い)。

 

f:id:aurakei:20180516214200j:plain

石畳で無電柱化もされている街路に、古い建物には吊るし雛もかけられています。

きれいな通りなんだから、博物館通りなんて無粋な名前を付けずに、もっといい名前は無かったんでしょうか。

 

実際、このあたりは相生町とか敦賀三十六町とかというかっこいい名前の候補があるにも関わらず…ですよ。

 

観光のページに書いてある「昭和2年、大和田銀行本店が博物館通りに建てられました」ってもうなんだかわけわからない言い方だなー

 

f:id:aurakei:20180516222032j:plain

博物館通りの中ほどにある、

新築町屋みたいなカフェ・キトテノワ。

 

f:id:aurakei:20180516222351j:plain

博物館通りはほとんど人が歩いてなかったのに、

この店の中だけは人がひしめきあっていました。

ここは町の人気店なんですね。

通りを見下ろせる窓際の席でカフェをしていきます。

 

f:id:aurakei:20180516222700j:plain

日本三大松原の気比の松原(国指定名勝)

赤レンガ倉庫から博物館通りを抜けて、しばらく歩くと、この気比の松原が続いています。歩いても十分行ける距離。

松原にはバス通りが通っていて、松原の散策路も縦横に整備されています。

 

左が松原で、白い砂浜が広がっていて、ほとんどの人は砂浜の方に居ました。釣りをしている人たちもたくさんいます。

砂浜海岸ではちょい投げという投げ釣りで、カレイやキス、メバルなどが釣れるそうです。釣りは全然分かりませんが。

 

f:id:aurakei:20180516223232j:plain

松原の方はというと、ほとんど誰もいません…。

名勝とはいえ、松原は、松原でしかないのです。

 

三大松原の残りは全部言えますか?

残りの松原たちは、

・静岡の三保の松原と、

・唐津の虹の松原です!

 

三保の松原は総延長7㎞。虹の松原は総延長4.5㎞。それに対して、気比の松原は1.5㎞しかありません。気比の松原は結構小さいんです。

他の松原と違うのは気比の松原に生えているのはほとんどがマツタケも生えるアカマツだということ( ´∀`)。

いつもよりゆっくり下を向いて歩いていきましょう。

 

 

★auraの子育て日記(生後9か月)

 

赤ちゃんフェスについて

 

赤ちゃんフェスにはもうぜったい行かない。もはや行っても得るものがないから、赤ちゃんフェスみたいなのには行かない!

 

と思っていましたが、また行ってしまいました(;´Д`)。つい…

 

行ってしまったのはいいんですが、出展者は、まあいつものメンバーだこと。

入り口は某英語教材会社から始まって、強引な試食会でうるさい某コープ、いつもの保険コーナー、いつものベビーカーメーカー、いつもの哺乳瓶メーカー、いつもの赤ちゃんグッズメーカー、いつもの…。

 

何で行ったんだろう、と思いました。こういうイベントは、マタニティから、生後すぐぐらいまでの子をもつ親が楽しむためのところだと思います。

目が肥えた9か月児の親には目新しい情報は何一つ入ってきません。

授乳室は信じられないぐらい混んでいるし、通路も信じられないぐらい混んでいるし、会場に向かう道すがらの店は赤ちゃんだらけになっていて混んでいるし、ストレスが溜まるだけのイベントになっています。

 

ただひとつ、良かったのはボーネルンドのおもちゃ遊び放題のコーナー。何千円もするボーネルンドのおもちゃコーナーで無料で遊ばせることができます。

たくさんの赤ちゃんがここにはいて、人が持っているおもちゃを何度も見知らぬ赤ちゃんに奪い去られました。かと思えば、おもちゃをくれる優しい見知らぬ赤ちゃんもいます。

赤ちゃんのコミュニティってこういう感じなんだ、と知れたのがここでの唯一の収穫です。

 

No.196⌒★【敦賀市】駅から港までの道。銀河鉄道999、氣比神社、赤レンガ倉庫

【建築遺産のlog!】第196号

2018年5月18日

 

銀河鉄道999のアーケード

f:id:aurakei:20180512222726j:plain

敦賀駅から長いアーケードの商店街が続いていました。行けども行けどもアーケードの商店街。

アーケードの下には銀河鉄道999の銅像が点々と建っています。

銀河鉄道を背景に建っている車掌さんや、

 

f:id:aurakei:20180512223149j:plain

足の細いメーテルなど(折れそう…)、いくつも建っていて、反対側には宇宙戦艦ヤマトの像も立っていました。

作者が敦賀出身など、さぞかしゆかりのある都市なんだろうなーと思ったら、

 

何の関係もないけど開港100周年だから建ててみた

 

ということみたいです(;´Д`)。

一気にありがたみが無くなりました…。

 

氣比神宮

f:id:aurakei:20180513203637j:plain

アーケードは敦賀駅から1㎞以上ずーっと続き、その果ては氣比神宮になっています。氣比神宮の氣は氣志團の氣。

敦賀駅から伸びる商店街は神宮の長い長い参道みたいなものなんですかね。

 

通り沿いの氣比神宮の大鳥居は重要文化財に指定されています。正保2年1645年築。

 

この形式の鳥居を両部鳥居と言って、四脚鳥居とも言いますが鳥居が四つ脚の柱で支えられています。柱の上には屋根が乗っていて、同じ形式としては厳島神社の海中に建つ鳥居が最も有名なもの。

海中に建っているか否かで有名さ具合が決まってきてるんですね…。

 

敦賀の赤レンガ倉庫と港周辺の建物

f:id:aurakei:20180513210216j:plain

 

赤レンガ倉庫は横浜が一番有名で、その次はおそらく函館の金森赤レンガ倉庫。

3番目ぐらいがこの敦賀の赤レンガ倉庫じゃないでしょうか。

ただ、前二つに比べると規模はずいぶん小さいものです。

建物が小さいためか、中は人でごった返していました。

 

f:id:aurakei:20180513211021j:plain

港沿いには旧敦賀港駅の駅舎が残されています。ここから昔はセメントなどが運ばれていったんですね。

今の敦賀港駅は駅といいながらオフレールステーションという鉄道線路のない駅として機能しています(つまりトラック輸送基地)。

 

f:id:aurakei:20180513211927j:plain

旧敦賀倉庫株式会社の倉庫群は、現在は国登録有形文化財の建物。

コンクリートの壁に、端部だけ煉瓦を張り付けたり、当時としてはきっとかっこいい建物。

 

f:id:aurakei:20180513212216j:plain

庇にはスパニッシュの瓦。窓周りのデザインも変わっているし(目の隈みたい…)、こうしてみると貴重な文化財のような気がしてきますね。

以上、ここまで歩いてちょうどいい距離でした。

 

 

★auraの子育て日記 (生後9か月)

 

不思議なバイバイ

娘はなぜかバイバイに夢中で、親にも先生にも友達にも、たとえ友達が後ろを向いていても、その辺を歩いている知らないおじさんにも、知らないこわそうな人にも(;´Д`)、バイバイを繰り返しているんですが、

お地蔵さんにもバイバイをするのがほほ笑ましいところです。

 

でも、最近思ったんですが、お地蔵さんにだけやたらと執拗にバイバイを繰り返すような気がします。

家の近くにあるお地蔵さんは5体並んでいるので認知しやすいとは思いますが、お地蔵さんのかなり手前からバイバイをしはじめ、お地蔵さんの前まで来ると両手を使って全力でバイバイをし始めます(;´Д`)。

 

園児が5人並んでいても両手でバイバイはあまりしません。

お地蔵さんの時だけ両手で手を振るんです。

遠ざかる時も盛んにお地蔵さんを振り返って手を振っています。

 

そういえば、

担当の保育士さんにも、「お宅のお子さんはたまに誰もいない壁に向かってバイバイしているんですが…」と言われました( ºωº ;)。

 

お地蔵さんの周り、保育園の周りには、やっぱり何かがいるんですね…。

 

幸い、家の中では誰もいない壁にバイバイしているところを目撃したことはありません。家の中はセーフ…と

 

No.195⌒★【敦賀市】敦賀市の玄関口敦賀駅と特急しらさぎ

【建築遺産のlog!】第195号

2018年5月15日

 

敦賀駅へやってきました!

f:id:aurakei:20180511222930j:plain

特急しらさぎという電車が通っていますが、少し特急ひたちに似ています。昔の図鑑で見た、特急しらさぎはもっと角ばってて茶色がかったクリーム色だった気がするんですが、全く面影はないですね、別の生き物のようです。

 

敦賀駅へ電車で行くには、名古屋から特急しらさぎでびゅーんと1本で行くことができます(電車は金沢行き)。敦賀は意外と便利な町なんです。

 

しかし。

この日の特急しらさぎは人身事故があったということで、名古屋近辺で不通になってしまいました。

しばらくおろおろしていると、駅構内アナウンスがあって、東海道新幹線の振り替え乗車券を発行しますとのこと(*‘∀‘)。

 

なんというすばらしいことでしょう。特急券で新幹線券がゲットできました。エビで鯛を釣るとはこのことでしょうか。

駅で新幹線乗車券をもらって新幹線こだま号で米原まで行くと、特急しらさぎは先回りして米原駅で待っていてくれました(*‘∀‘)なんとけなげな奴…。

 

名古屋からずっと特急で行くより、途中まで新幹線使った方がいいですよね。名古屋から米原までえらい距離があるんですよ。たぶんそちらの方が早いと思います。

グッジョブ、JR西日本とJR東海(米原まではJR東海、米原からはJR西日本)。

 

f:id:aurakei:20180511220727j:plain

というわけで敦賀駅。何事もなかったかのように、ほとんど時間通りに到着しました。

 

敦賀駅舎はオルパークという交流施設を併設し、千葉学氏が設計しました。

 

詳しくは、千葉学さんは設計監修でJR西日本コンサルが設計したようですが、2014年の開館。

外壁は濃いめの灰色。千葉学さんらしい色合い・形の建物です。

千葉学さんの設計した建物はきっちりした四角の建物が多い気がします。

 

f:id:aurakei:20180511221646j:plain

庇は斜めに梁が通っていて床目地と交差するような動的な印象を受けます。

 

f:id:aurakei:20180511222218j:plain

ロータリー側は高い天井の吹き抜け空間。鉄と木の空間にもなっています。

建物内は休憩所、飲食店や、2階にはサークル活動もできるオープンな多目的室がありました。授乳室も完備。

 

中央の広場では福井の酒蔵から出張してきた日本酒の販売があったので、たくさん買ってしまいました(*‘∀‘)。福井は日本酒がおいしいですよね。

 

…というわけで長くなったので敦賀駅に着いたというところで今日は終わります(*‘∀‘)

 

 

★auraの子育て日記(生後9か月)

 

去年見ていた番組と今年見ている番組

 

去年よく見ていたテレビは…

 

3位:アメトーーク(テレ朝)

2位:ブラタモリ(NHK総合)

1位:YOUは何しに日本へ(テレビ東京)

でした。それ以外はテレビは天気以外はほとんど見ていない毎日でしたね。

 

最近よく見ているテレビは、

 

3位:にほんごであそぼ(NHK Eテレ)

2位:おかあさんといっしょ(NHK Eテレ)

1位:いないいないばあっ!(NHK Eテレ)

ランク外:機関車トーマス(NHK Eテレ)

     アニメ はなかっぱ(NHK Eテレ)

 

まさかのEテレばっかりの生活(;´Д`)

これからはNHK受信料なんて払いたくねえな、、なんて言いません!(´Д⊂ヽ

 

いないいないばあっ!なんて最高の番組ですよ(赤ちゃん史上最高クラス)。

9か月児の心をばっちり掴んで離さないのが、この番組です。わーお!のコーナーでは娘は笑みを浮かべてにこやかに見ています。わーお!の曲は、静有り、動有り、ベース音が効いている部分があったり、展開が自由な曲で、曲のジャンルとしてはプログレッシブ・ロックと言えるかもしれません!ぼくの大好きなプログレバンド・Dream Theaterの自由過ぎる曲の作り方に通ずるものがあって、ほんとうに神がかった曲だと思います。「だんごむし、だんごむし…」のゆっくりなパートの後に、「わおわおわーお、わーおわおわお、わーっ」の一番早いパートが来るという展開のすばらしさ。この曲を作った小杉保夫すげー。他にもこの番組にはつんくやゆずの北川悠仁さんが作った曲もあったりして意外な名曲の宝庫だったりするのです。

(゚Д゚)ハッ!

いないいないばあっ!が素晴らしすぎて記事が文字で真っ黒に…

 

No.194⌒★【横浜市金沢区】はりぼての遺跡。上行寺東遺跡、横浜市大

【建築遺産のlog!】第194号

2018年5月11日

 

金沢文庫の称名寺からのんびり金沢八景駅の方へ歩いていきます。

 

途中にあったはずの、槇文彦氏が設計した金沢区役所は無残にも壊され、新庁舎になろうとしていました。

 

金沢区役所のうまいところは隣に公園があるので、その公園に建物を建てながら、現庁舎も使いながら建て替え工事を進められるところですね!

取り壊される現庁舎部分に、将来新たな公園が整備される予定です。

そしてまた40~50年後、その公園を利用することで建て替えが進められることでしょう。

都市計画の教科書みたいな敷地です。

 

金沢区は横浜市の中でも高齢化が進んでいる地域なので、区役所の周りの店舗など空き店舗が目立っています。金沢八景駅の近くのイオンも、店員もお客さんも共に少し年齢層が高めだったりします。

1000円カットのお店に並んでいるお客さんってだいたいスマホを見ていることが多いんですが、

イオン金沢八景店の1000円カットのお客さんはだれもスマホを見てる人なんていませんでした(高齢者だらけだから)。

 

…というのが歩き回って気づいたところです。

横浜市内でも場所によってずいぶん客層が違ってくるようです。

f:id:aurakei:20180508211346j:plain

金沢八景駅北の横浜市大には、村野藤吾氏が設計した校舎があります。

 

池を挟んで撮るとそれなりですが、村野藤吾という名前の割に地味な建物ですねえ。

 

地味なので村野藤吾Wikipediaページにも載ってませんが、よくよく見ればきれいな建物のような気はします。

 

f:id:aurakei:20180508213234j:plain

横浜市大の学生さんも他のところにはたくさんいるんですが、ここだけ誰も寄り付かず無人でした。

 

なぜ…なぜなのか。

 

池もあって、ベンチもたくさん置いてあって気持ちいい空間なのに。

主要な道路から外れた、奥まった場所にあるからでしょうか(答え:紫外線が多いから)。

 

横浜市大から南にくだった金沢八景駅のすぐ脇にある茅葺の建物も駅の再開発に伴って解体されていました。

開発終了後、補強されて復活するようです。

金沢区は駅と区役所が同時に大開発中です。

 

さらに金沢八景駅の南の方へ歩いていきます。

そこには上行寺という、お寺があってその脇の道を上がっていきます。

f:id:aurakei:20180508214724j:plain

上がって行った先のこの急階段を上って行くと上行寺東遺跡があります。

 

f:id:aurakei:20180508214846j:plain

階段の上が遺跡!

にわかには信じられず、左側にあるスロープの方を行くんじゃないのー?と思って

左側のスロープを登って行くと、舗装はだんだんと草ぼうぼうになって行き、

 

f:id:aurakei:20180508214948j:plain

山道へと続いていきました。こういう感じは、横浜というより鎌倉っぽいですね。

そして遺跡はありませんでした。

 

f:id:aurakei:20180508215326j:plain

階段を上って行くと、マンションと崖の狭間に遺跡が残されています。

岩の遺跡かと思いきや、歩いてみると何だか変な感じ。

f:id:aurakei:20180508215524j:plain

遺跡ははりぼてみたいなセメント製の遺跡でした。

動物園の猿山みたい…。ここまで人工的にせんでもいいのに…。

 

f:id:aurakei:20180508215725j:plain

五輪塔なんか、少し見ただけで偽物だとわかるクオリティです。

一応、ある程度の正確性はあるようなので、「何となくこんな感じだったんだ」ということがわかればいい遺跡ですね。

「このような保存方法は全国でも初の試みです」と説明版には高々と謳ってありました。

 

遺跡は鎌倉時代あたりの、武士や僧侶のお墓だそうです。

f:id:aurakei:20180508215935j:plain

奥の方には鎌倉名物やぐら(岩をくり抜いた墓)もあります。

鉄パイプで無造作に補強してあって、これまた風情は感じられません。ゴミ捨て場みたい…。

全国で初の試みでしたが、残念感の漂うスポットではあります。

 

 

★auraの子育て日記

 

保育園から帰るとぐったりな話

f:id:aurakei:20180509223400j:plain

いや、もうタイトルだけで完結してるような話なんですが、

娘は保育園から帰るとぐっっったりして眠ってしまいます。

午後6時過ぎにはすでに寝て、数回の授乳起きを経て朝の5時まで眠りっぱなしです。

 

いったい保育園で何が行われてるんだ

 

…と思うほど泥のように眠る子。スパルタ教育とか行われていないよね。

 

たぶん、保育園では他の子どもがたくさんいるので興奮してよく遊ぶんでしょう。

それに引き換え週末の親と一緒のお出かけではだいたいベビーカー移動なので昼間も結構寝ています。

たぶん、その差なんですね。

 

しかしそうは言ってもこうも眠り方が違うのか、というぐらい平日と休日では違います。

ということはきっと、保育士さんの仕事も相当疲れが溜まるんでしょうね。

夕方、泥のように眠るほど遊びまわる子どもたちの相手を一日中してるのが保育士さんです…。

つくづく、大変な仕事です。

今後、保育料高すぎだ!と文句言うのは止めることにします…。

 

No.193⌒★【横浜市金沢区】北条氏の夢の跡、称名寺

【建築遺産のlog!】第193号

2018年5月8日

 

金沢区は横浜市の中で最も南にあります。

この前、金沢区の地元の子供たちも、「自転車じゃ、横浜まで絶対行けないね…」と嘆いていました。

やっぱり、みんな横浜に遊びに行きたいんですね…。(横浜駅までは17㎞)

 

金沢区のあるあたりは昔から、荘園として私有地になっていたり、北条家の別荘があったり、金沢八景として観光地となったり、どこか世間から隔絶されたような歴史を辿っています。

 

f:id:aurakei:20180503224024j:plain

北条時代を代表するスポットは、称名寺。

 

観光ボランティアのおじさんたちがたくさん集まって世間話をしている門を入っていくと池があって、

池の周りには何人かの人が座って、絵を描いていました。のんびりとした空間です。

門は軒唐破風もあって、立派な門です。

 

f:id:aurakei:20180503215152j:plain

鎌倉幕府の5代執権北条時頼(「引付衆の設置」で習ったかも)の頃の人物で北条実時という人物が、この称名寺を開基したと言われています。

 

北条実時は称名寺の隣に現在も県立の施設として残っている金沢文庫を建てた人でもあり、金沢区の超重要人物です。

 

称名寺は山号は金沢山(きんたくさん)と名乗っています。まったくそのまんまの名前ですね…。

現在も称名寺の地名は金沢区金沢で、実質上現在も金沢区の中心地になっています。

 

広い池は浄土式庭園として造られました。

美しい(美しかった?)金沢八景もある風光明媚な(だった?)土地に、極楽浄土を造り上げようとしたんですね。

 

f:id:aurakei:20180503222304j:plain

現在ある池は復元された池。橋も復元されたもので、反橋と平橋というそうです。

 

池の先にある建物なども再建されたものが多くて、古くても江戸時代までの建物でした。

 

鎌倉時代の建物は残っていないため称名寺は全体が国指定の史跡とされています。

ただ、絵画や文書などは国宝含めたくさん残っていて、隣の金沢文庫に残されています。

 

f:id:aurakei:20180503224655j:plain

平橋の下には鯉と亀がたくさんいて(キモい…)、訪れた人たちも多くはそこに集まっていました。

橋や建物なんかよりも、鯉や亀の方が人気があります…。

f:id:aurakei:20180503220852j:plain

左が金堂(1681年再建)、右が釈迦堂(1862年竣工)。

 

f:id:aurakei:20180503222926j:plain

釈迦堂は頂部に北条氏の家紋「三つ鱗」がデザインされています。

三つ鱗は子孫繁栄を願った北条氏の元に大蛇が現れ、その蛇が3枚の鱗を落としていった故事によるようです。

鱗って実際は四角とか五角形じゃないのー?という疑問はともかくとして、三角形は太古の昔から神聖な形として存在してきたようです。

北条早雲から始まる、後北条家もこの三つ鱗を家紋として使いました。

 

 

★auraの子育て日記(生後8か月半)

 

突発性発疹の話

 

娘は、風邪と突発性発疹の複合型の病気をもらってきて、ゴールデンウィークは半分以上がそれの対応で過ぎて行きました。

 

4月に入園して以来、病気をもらってきたのはすでに2回目。

いったい保育園はどれだけ病気が蔓延しているんだ( `ー´)

夏のような陽気の4月に2回も病気になるということは、冬はいったいどうなるんだ( `ー´)

 

突発性発疹は1歳までぐらいの時期に起こる、39度前後の熱が出るのに本人は元気なままという不思議な病気ですが、たまに風邪と一緒になってしまって重症化するそうです。

 

熱のせいで、一日中ぐったりしていて寝てる娘。

 

本人は何も言葉をしゃべれないのでよくわかりませんが、おそらく頭痛と吐き気の症状があるようです(高い高いをすると泣く)。

そのため、保育園でせっかく習慣化した、離乳食をたくさん食べる日常生活を忘れたようで、離乳食を全く食べなくなりました(;´Д`)

離乳食は振り出しに戻る、です。

 

No.192⌒★【目黒区】マレーシア大使館と天空庭園

【建築遺産のlog!】第192号

2018年5月6日

 

f:id:aurakei:20180428165824j:plain

南国の国らしく真っ白な建物のマレーシア大使館。

この建物もぎりぎり渋谷区の目黒区側にあります(が、このページに書き込む)。

 

 設計は清水建設です。

f:id:aurakei:20180428170221j:plain

門は四角を二つ重ねた「八芒星」でデザインされています。

イスラムでは八芒星をルブ・エル・ヒズブと呼び、伝統的なデザインの一つとなっているそうです。

 

イスラムの経典クルアーンは60に分割されていて、これがヒズブ。

さらにヒズブは1/4ずつに区切られていて、その「1/4」を表すのがルブ。

その「ルブ」毎にこの四角を二つ重ねた八芒星のマークが付けられています。

 

マレーシアはハラル認証のマークもこの八芒星を使っていて、おなじみの柄になっています。

イスラムの世界では、時には国旗に、時にはモスクの平面形がこの八芒星の形になっています。

f:id:aurakei:20180428173639j:plain

壁はボコボコ穴が開いているので中をうかがうことができました(いいのかな…?)

 

エントランスの広場にも八芒星の光がたくさん漏れています!

さらに床に描かれているのも、違うデザインの八芒星のようですね。

 

f:id:aurakei:20180428174014j:plain

池尻大橋駅の近くにある目黒天空庭園

屋上に登ってみると田んぼもありました。田んぼは一般人は立ち入りできない場所にあって、マンションの住民などが管理しているのだと思います。

 

ドラクエで、すぐそこに見えてるんだけど、絶対に行くことができない祠とかがありますよね。そんな感じの田んぼです(物語が進むにつれて、行くことが可能になる)。

どうやってあの田んぼに行けるんでしょう。

 

f:id:aurakei:20180428174618j:plain

目黒天空庭園は首都高の大橋ジャンクション上に造られた円形の庭園で、プリズムタワーとクロスエアタワーという二つのツインタワーマンション(&オフィス)に囲まれています。

 

ツインタワーとは、連絡通路で天空庭園に行き来が可能。

天空庭園の一番高いところは奥にあるクロスエアタワーの9階に当たります。

クロスエアタワーの9階は区立図書館。

図書館で本を借りて天空庭園でその本を読む…

いい時間が過ごせそうですねえ。

 

クロスエアタワーは、ワンルームでも20万円台の家賃がかかります。

池尻大橋駅圏内の中でもかなり高額の価格設定。区立図書館付き、天空庭園付きのブランドは家賃相場も相当に押し上げるようです。

 

f:id:aurakei:20180501211232j:plain

円形にずっと植栽が続きながら遊歩道が伸びています。

あずま屋で、家族でのんびりしていたり、遊歩道をランニングしている人がいたり、犬の散歩をしていたり(ペットお散歩登録をすればペットの散歩が可能)、みんな思い思いの時間を過ごしていました。

 

f:id:aurakei:20180501211506j:plain

下の方には和っぽい庭園があり、

 

f:id:aurakei:20180501211609j:plain

一番下層までずっと植栽が続いていました。もう、ジャンクションに囲まれて薄暗い空間になっています。

普通は薄暗いだけのジャンクションですが、こういう風に庭園になっているとすごくいい空間になりますね。

 

f:id:aurakei:20180501211827j:plain

目黒天空庭園は一番高いところが地上35m、低いところが地上11mで、400mに渡って続いています。

田んぼは真ん中の大橋換気所の屋上の「おおはし里の杜」。

換気所が真ん中に…!空気がいいのか悪いのか分からない庭園ですね。

 

 

★auraの子育て日記

 

全部知育玩具?

 

知育玩具とは、「幼児や児童が知能的発達を促進する玩具、または幼児や児童の学習の助けになる玩具の事である。」

と、Wikipedia大先生のページには書いてありますが、知育玩具とその他のおもちゃって何が違うんでしょうね。

 

例えばおもちゃのピアノ。これは音楽という知能的発達を促進するので、知育玩具ですね。

例えばガラガラ。これは持った手を動かすことによってガラガラなるという原理を知ることができる、知育玩具に違いありません(*‘∀‘)

例えばボール。これは投げるという行為により腕の振りや角度によってボールの到達地点が違うということを発見する知育玩具に間違いないですね(*‘∀‘)

例えば風船。これは空気圧によって、または中の気体の種類によって浮かんだりあまり浮かばなかったりという発見を促す知育玩具であることは誰も反論はないと思います(*‘∀‘)

 

逆に、知育玩具でないおもちゃって何なんだ('Д')。

 

子どもに買い与えたくないおもちゃとしてゲーム機などがあると思いますが、これももちろん知育玩具です。行けそうで行けない祠にどうやって行ったらいいのだろう、と考えさせるドラクエなどは最高の知育玩具と言えます。

 

ただ、ゲームをすることによって、他のお勉強がおろそかになるということで買い与えたくないと思う親も多いと思いますが、知育玩具が知能的発達を阻害することもあるんですね。

 

こうやって考えると、知育玩具は同時に知育玩具でない、という不思議なロジックが成り立ちます。

ピアノもやり過ぎると音楽以外の他の知能が発達しないのです。

 

…と、おもちゃ売り場の「知育玩具コーナー」を見ていて思いました。なんか、知育玩具と書いてあるだけで買いたくないんです…。