建築遺産のlog!

世界中の建物に行けるといいな

【子育て】飛行機は大丈夫な1歳半児

★auraの子育て日記(1歳6か月)

 

 

娘は電車に乗ると、途中で飽きて来るのか激しくぐずります。

車に乗ると途中で飽きて来るのかだんだんぐずり始めます。

ベビーカーで歩いていると、固定されているのに疲れるのかだんだん暴れ始めます(´Д⊂ヽ

バスに乗っているとその人口密度の高さにストレスを感じるのかだんだん機嫌が悪くなってきます(´Д⊂ヽ

 

でも、飛行機は大丈夫!(何がちがうんだ…)

 

電車は15分も乗るとだんだん飽きてきます。車は1時間も乗るとだんだん疲れてきます。ベビーカーは1時間も乗るとだんだん背中が痛くなってくるようです。バスも飽きて20分が限界…。

 

でも、飛行機は2時間ぐらいなら全然大丈夫!(何がちがうんだ…)

 

飛行機に初めて乗せる時、耳がキーンとなるからつばも飲み込めない子どもは泣きわめいて泣きっぱなしの旅になるんじゃないかとか、狭い座席なので暴れるんじゃないかとか、飛行機の音で怖がるんじゃないかとかで、恐る恐る乗せてみたら、全く大丈夫でした(*‘∀‘)

 

飛行機は、前や後ろに他の乗客がいてコミュニケーションができます(バスもできるような気がするが…)。

後ろの子ども連れを覗いてはタッチしようとしたり、隣のおばあさんに人見知りで委縮したり(結果、静かになる)、前のお客さんがどんな人か確かめようとしたり、人との関わりで忙しそうにしています。

CAさんも子どもがいる座席は重点的に回ってくれて、乗客数が少ないと、暇つぶしみたいに遊んでくれたりします。おもちゃももらえるので子どもは大満足。

 

飛行機の揺れも、心地よい眠りに誘うようで、出発してから到着までほとんど寝っぱなしの時もあります。

 

意外と、このぐらいの子にとって飛行機は大丈夫みたいですね。

ただ、もしも泣きっぱなしになったときのことを考えて、周りは赤ちゃん連ればかりの席を選びます。今の航空機の座席って赤ちゃん連れがどこにいるのかわかるようになっているんですね!

他の家庭もそう考えているのか、飛行機の中に赤ちゃんばかりの一群が生まれたりしています…。

 

というわけで最近4往復目の国内線の旅を終えた1歳半児でした。

 

No.240⌒★【飯塚市】尋常じゃない数の雛人形、伊藤伝衛門邸

【建築遺産のlog!】第240号

2019年2月24日

 

 

f:id:aurakei:20190221205635j:plain

大手旅行雑誌の福岡県版は、観光地として福岡市と太宰府、北九州、柳川、最近では糸島あたりが載っていることが多いですが、

福岡県の真ん中にある筑豊地方はほとんど掲載がありません。

太宰府あたりに住んでいる人でさえ、筑豊地方は隣町なのに全くの暗黒世界だったりします。

理由は、筑豊地方と筑前・筑後地方を分け隔てる山地。人がほとんどいない峠をいくつか越えてようやく到着するのが筑豊地方なんです。

そんな筑豊地方で旅行雑誌に掲載される可能性のある筆頭格が、上の写真の伊藤伝衛門邸(傳右エ門邸)。

庭園は国指定の名勝にもなっています。

 

f:id:aurakei:20190221210635j:plain

和室もあれば洋室もある大正の大邸宅です。玄関を入ってすぐの応接間。

 

f:id:aurakei:20190221211034j:plain

伊藤邸へは、今行きましょう!たくさんの雛人形が出迎えてくれます。

関東でもいくつか雛人形を展示する館を訪れましたが、こちらは規模がまるで違いました。

 

f:id:aurakei:20190221211443j:plain

廊下にも所狭しと雛人形。

 

f:id:aurakei:20190221211517j:plain

他の部屋にも雛人形。

お殿様の姿が見えない雛飾りもありますねえ…。

 

f:id:aurakei:20190221211549j:plain

明治天皇の雛人形は軍事色が強いものになっていました。

端午の節句に飾っても良さそうな内容の雛飾り…。

 

f:id:aurakei:20190221211857j:plain

雛人形・雛人形。

 

f:id:aurakei:20190221211920j:plain

古っぽい雛人形・雛人形・雛人形。集団結婚かな…?

 

f:id:aurakei:20190221211954j:plain

暗い部屋にもぽつんと雛人形。

 

f:id:aurakei:20190221212027j:plain

どこで見ても怖い市松人形もいます。鏡に何か写りそう…。

 

f:id:aurakei:20190221212200j:plain

雛人形。

ここの展示のまずいところは、雛人形の数が最も多いクライマックスの部屋が先の順路になってしまってるので、そのあとに見た雛人形がショボく見えてしまうところです。

ここなんか、男雛と女雛が一対だけです。

 

f:id:aurakei:20190221212439j:plain

これを見たあとは何も感動しないですよねえ…。

 

f:id:aurakei:20190221213521j:plain

建物を見終わったら国指定名勝の庭園に行きましょう。芝生に覆われた庭園のようです。

建物の中にいるおばさま方の数に比べて庭園は人が少なめ。庭園には行かずに帰る人も多いようです。

 

f:id:aurakei:20190221213719j:plain

庭園の奥の方まで行けるのでいろんな角度で建物の写真が撮れます。

名勝になるわけも分かる、美しい庭園です。

 

f:id:aurakei:20190221214147j:plain

池泉庭園。起伏があり、頂上には東屋があって、そこで休むこともできます。

隣に建ってるビルはかなり借景を楽しんでいることでしょう。

 

雛人形は3月3日を越えて3月26日まで飾られています。

ぜひ筑豊地方まで山を越えて足を踏み入れてみましょう。

 

 

【子育て】赤ちゃんが最も早くしゃべる人名は…?

★auraの子育て日記(1歳半)

 

 

我が子は、歩いたり寝返りをうったりする時期は他の子よりもやや遅めなんですが、言葉をしゃべることはやや早めだと思います。

1歳半時点で単語であれば数十語しゃべっています。

 

我が子が最も早く、口に出した

「人名」

は、何だと思いますか。

 

やはり、

「ママ」なのか、

「パパ」が執念を見せるのか、

いや、意外と「じーじ(祖父)」か「ばーば(祖母)」がその栄冠をかっさらっていくのか、

はたまた保育園の先生の名前だったりするのか、いったい誰の名前を一番最初にしゃべるのか…!

けっこう気になっていたんだけど、一番にしゃべったのは・・・

 

「だるま(達磨)」でした(´Д⊂ヽ

達磨:中国禅宗の始祖。インドのバラモンの出身と伝え、6世紀初め中国に渡り、各地で禅を教えた。嵩山 (すうざん) の少林寺で面壁九年の座禅を行ったという。達磨大師。円覚大師。生没年未詳。(小学館 大辞泉より)

 

まあ、絵本に「だるまさん」シリーズというものすごく有名な絵本があって、その本が大好きなので、

「だるま」という言葉をいち早く覚えたんですが、人名には間違いなし。

 

「だるま」という赤ちゃんには一見複雑そうな言葉を生後10~11か月の頃に言えるようになっていました(「る」はなかなか発音できないらしく、「だうま」と言ってる…)。

さすが、フェイバリット絵本!

今では、雪だるまを見てもだるまと言うし、少しふっくらとしたキャラクターなら全て「だるま」と言います。

雪だらけの天気予報の時なんかは大興奮していたりします。

 

口に出した「人名」の2番目は順当に「ママ」。

1歳すぎぐらいで言えるようになったでしょうか。

「パパ」はごく最近。

1歳4か月~5か月あたりにようやく言えるようになりました。それまではパパも「ママ」と呼ばれることもありました。

「ママ」に負けるのはいいとして、達磨に負けるのはものすごく悔しいものがあります(´Д⊂ヽ

 

まだ、ほぼすべての言葉が単語なんですが、「文章」で覚えたものもあります。

ひとつは「だるまさんが…どてっ」。これは大好きな絵本の言葉なのですぐに覚えました。

もう一つは、「あっち行っちゃった!」です。

生後半月の頃からほとんど毎日、朝夕散歩に連れ出していて、よく猫を見かける地域だったので猫がそこらじゅうにいたんですね。

近寄ると逃げる猫と逃げない猫がいるんですが、猫が逃げて行ったときに「あっち行っちゃった!」と子どもの耳元でつぶやきつづけた結果……

今ではそのことばを完璧に使いこなすようになりました!

 

飛行機が雲の向こうに見えなくなった時、電車が見えないところに行ってしまった時、ボールが転がって行ってしまった時、もちろん猫が逃げて行ったときも「あっちいっちゃった」とつぶやきます。

「あっちいっちゃった」「だるまさん」は難しそうに見えて意外と赤ちゃんにはしゃべりやすい言葉なのかもしれません。

赤ちゃんにどの言葉を教えようかな、と思っている方々、ぜひこの2語の教育をいかがでしょうか(*‘∀‘)(どう役に立つのかは知らんが)

 

赤ちゃんの耳元で、

毎日繰り返し

執拗に

囁いてみてください。

 

 

No.239⌒★【横浜市中区】横浜の展望スポット-3

【建築遺産のlog!】第239号

2019年2月14日

 

【展望スポット7】王道のランドマークタワー

f:id:aurakei:20190213213901j:plain

横浜の景色を見るならなんと言ってもランドマークタワーでしょう。

高さ296m、展望台の高さ272mで、東京タワー展望台(250m)よりも高い景色が見られます。

ランドマークタワーの眺望で残念なところをあげるとすれば、ランドマークタワー自身が眺望の中に見えないということだけ(致命的かもしれないが…)。

展望台にはスカイカフェなどゆったりと景色を眺められるスポットもあります。何もない横浜マリンタワーなどに比べると、展望台そのものが楽しかったりしますね。

 

f:id:aurakei:20190213215104j:plain

横浜インターコンチネンタルの半月形の建物もここから見ると小さく見えます。

イルカが海へ向かってジャンプしているような設計コンセプトなんでしょうか。

 

f:id:aurakei:20190213215626j:plain

ずうーっと奥の奥まで見える圧巻の景色です。大さん橋の豪華客船もちっぽけ。

何だかランドマークタワーの眺望のために造られたような街ですね。

 

f:id:aurakei:20190213220145j:plain

横浜ベイブリッジ。ここからの眺めも良さそう…だけど展望台スカイラウンジの高さは50m。ずいぶん低いですねえ。

 

f:id:aurakei:20190213220612j:plain

東京方面もよく見えます。神奈川ではランドマークタワーの他は武蔵小杉に200mぐらいのマンションがある程度で、眺望を邪魔する建物はほとんどありません。

 

f:id:aurakei:20190213221139j:plain

冬は歩いてるとランドマークタワーの影のせいで寒いことがよくあるんです。

夏は歩いてるとランドマークタワーの影のお陰で涼しい時がよくあるんです。

 

f:id:aurakei:20190213221521j:plain

真下にある帆船日本丸は、もう航空写真のようです。

 

【展望スポット8】シェフズブイ横浜ランドマークタワー店

f:id:aurakei:20190213222615j:plain

帆船日本丸を眺めるなら、航空写真のようなランドマークタワー展望台ではなく、ランドマークタワー5階にあるレストラン・シェフズブイもおすすめ。

シェフズブイはモスバーガーグループが運営しているレストランで、野菜をおいしく食べることをコンセプトに経営されているようです。

いろんな焼き野菜が乗った15種類のベジタブルランチだと1300円程度、もっと高いちょっとしたコース料理などもあり、飲み物はカクテルやワイン、たくさんの果物ジュースが揃っています。

窓際の席と窓から離れた席とありますが、空いている時間帯に1~2人で行くと、窓際の席に通されるようです。3人以上で行くと、窓からは遠く離れた席になりそう…。

 

f:id:aurakei:20190213222846j:plain

ぎりぎり大観覧車コスモクロックまでは見えました。

 

f:id:aurakei:20190213223029j:plain

ホテルナビオス横浜。横にヘリコプターがホバリングしていました。

 

 

そういった景色を…

f:id:aurakei:20190213223433j:plain

ビールでも飲みながら眺めるのがいいんじゃないでしょうか(*‘∀‘)。

そういう意味でここの眺めが一番好きだったりします。

 

 

 

No.238⌒★【横浜市中区】横浜の展望スポット-2

【建築遺産のlog!】第238号

2019年2月9日

 

【展望スポット4】大さん橋

大さん橋は展望スポットじゃないだろ、という感じもしますが、海に突き出ているので意外といい眺めになります。

 

f:id:aurakei:20190204210508j:plain

 

f:id:aurakei:20190204210559j:plain

夜。

大さん橋はだんぜん夜に行くべきですね。

特に大観覧車のコスモクロックが正面を向いて建っているので美しい表情になります。

 

f:id:aurakei:20190204211436j:plain

黄色いコスモクロック。

 

f:id:aurakei:20190204211624j:plain

カップルの後ろから撮るのもいいかも。

 

「きれいだね」「君もきれいだよ…」「…(えっ…?)」

なんていう古いドラマみたいな会話がされていたりするんでしょうか。

 

f:id:aurakei:20190204211801j:plain

大さん橋は坂になっているので、少し後ろに下がると大さん橋の水平線の向こうにみなとみらいの街並みが見えます。

 

f:id:aurakei:20190204212145j:plain

こういう景色になる日もあります。手前はイルミネーション中のレストラン船ロイヤルウィング。

豪華客船が停泊したり、コスモクロックが特別なイルミネーションを実施していたり日々、見える景色が変わる大さん橋。何度も通う価値もあると思います!

 

【展望スポット-5】コスモクロック21

大観覧車コスモクロック21ももちろん展望スポット。

高さは112.5mで、料金800円出して乗り込みましょう。

 

f:id:aurakei:20190208213600j:plain

296mのランドマークタワーに比べれば大した高さではないですね。

 

f:id:aurakei:20190208213720j:plain

横浜インターコンチネンタルはすぐそこに見えます。

高さは140m程度なので観覧車より少し高い程度。

f:id:aurakei:20190208214231j:plain

桜木町駅方面。

こっちの方はあまり魅力的な建物がないのでそれほど美しい景観ではありません。

手前に見えるアニヴェルセルの建物の屋上の汚さが目立ちます。張りぼて感たっぷり。

美しさでいうとコスモクロック自体がかなり横浜の美観に貢献しているので、そのコスモクロックから見るみなとみらいの景色はそんなに良くはないかもですね!

ランドマークタワー・インターコンチネンタル・赤レンガ倉庫などが別々の方向に見えるので、それらが組み合わさった美しさはないのが残念です。

 

f:id:aurakei:20190208214821j:plain

赤レンガ倉庫、大さん橋、その向こうに横浜ベイブリッジと赤いキリン(コンテナクレーン)の一群が見えます。こちらの方面はなかなかいい景色ですね。

平べったい建物ばっかりだけど…。

 

【展望スポット-6】ヨコハマグランドインターコンチネンタル

インターコンチネンタルホテルも当然展望スポット。

f:id:aurakei:20190208215519j:plain

前に泊まった部屋はインターコンチネンタルの真ん中ぐらいの部屋で、コスモクロックの完全に延長線上の部屋でした。

横っ腹しか見えない、残念だかラッキーだかわからない観覧車の夜景。

観覧車はランドマークタワーと大さん橋方面に向かって建てたことがわかります。

 

f:id:aurakei:20190208215845j:plain

ランドマークタワー方面の夜景も美しいもの。

 

f:id:aurakei:20190208220159j:plain

朝の桜木町駅方面。

コスモクロックで見る桜木町駅方面よりも、湾の全体が見渡せて良いかもしれません。

(横浜の展望スポット-3に続く)

 

No.237⌒★【横浜市中区】横浜の展望スポット-1

【建築遺産のlog!】第237号

2019年2月3日

 

 

横浜はさすが美しい街だけあって、展望するスポットも様々にあります。

もしかすると横浜って日本一美しい街なんじゃないでしょうか。

その美しい横浜の都市眺望スポットをひとつひとつ訪れてみましょう。

 

【展望スポット1】横浜マリンタワー

f:id:aurakei:20190202201408j:plain

横浜マリンタワー

横浜の展望スポットはだいたい自身が展望される側でもあります。

夜は夜景スポットに早変わり。

横浜マリンタワーは結婚式のスポットにもなっていますね。

とりあえず横浜マリンタワーから登ってみることにしましょう。

横浜マリンタワーは元町・中華街駅からは徒歩数分。ニューグランドやモントレなど、ホテル群がある山下公園沿いの一角に建っています。

 

f:id:aurakei:20190202201841j:plain

横浜マリンタワーは臨海部にあるため、海沿いの施設が眼下に。

手前から大さん橋、赤レンガ倉庫、そしてインターコンチネンタルの順に見ることができます。高い建物のインターコンチネンタルが一番奥にあるのでなかなかいい景観だと思います。

赤レンガ倉庫の手前の象の鼻もよく見えます。

横浜の景観はよく考えられていて、みなとみらいの中央部は低めの建物が集中して、その周りを高い建物が取り囲んでいるから、遠くまで見渡せるのがいいですね。

 

f:id:aurakei:20190202202259j:plain

横浜人形の家

横浜マリンタワーからは2軒隣の横浜人形の家。坂倉建築研究所というところが設計しました。

人形の家だけあって、一部ガラス張りのメルヘンな建物。

f:id:aurakei:20190202202437j:plain

山下公園も全て見渡せます。

山下公園の階段や彫刻などがあるこの部分も坂倉建築研究所の設計です!

その横浜人形の家と、山下公園の二つの造作物が陸橋によって繋がれています。

 

f:id:aurakei:20190202202955j:plain

氷川丸

氷川丸も山下公園の向こうに見えます。

横浜マリンタワーの影も日時計みたいに時間の経過とともに動いていきます。

 

【展望スポット2】神奈川県庁(キングの塔)

f:id:aurakei:20190202203845j:plain

お次は神奈川県庁(キングの塔)。

神奈川県庁は威圧感のある建物で、夜の照明も一色で無骨に表現されています。

 

f:id:aurakei:20190202204049j:plain

神奈川県庁は年間何回かある一般公開の日にしか屋上展望台には行くことはできません。

建物の高さはそれほどでもないし、海からは微妙に離れているので、展望としてはイマイチかも。

 

f:id:aurakei:20190202215152j:plain

近くにある横浜税関(クイーンの塔)は至近距離。ただ、それらが邪魔してみなとみらい方面はあまり見ることはできませんでした。


【展望スポット3】旧横浜税関(クイーンの塔)

f:id:aurakei:20190203213108j:plain

横浜税関と神奈川県庁夜景

旧横浜税関(クイーンの塔)は右側のぼやーっと光っている建物です。

クイーンだけあって、気品あふれる白っぽい照明を当てられています。

横浜税関も、一般公開の日にしか屋上へ上がることはできません。開催日をこまめにチェックして狙って行きましょう。

 

f:id:aurakei:20190203213642j:plain

大さん橋方面は神奈川県庁と変わらずよく見えます。

 

f:id:aurakei:20190203213806j:plain

赤レンガ倉庫方面も見ることができました!

旧横浜税関も高さはそれほどではないので、眺望としては力強さに欠けるかもしれません。

ただ大さん橋に豪華客船などが泊まっていたりすると、それを見下ろすにはいいスポットかも。

(横浜展望スポット-2に続きます…)

 

No.236⌒★【太宰府市】1歳児とだざいふ遊園地に行こう

【建築遺産のlog!】第236号

2019年2月1日

 

 

太宰府天満宮のすぐ東にあるだざいふ遊園地。

だざいふ遊園地は昔は「だざいふえん」と呼んでいましたが、いつのまにか少し呼び名が変わっているんですね…。

ちなみに今はだざいふえんと言うと、太宰府と五条の間にある保育所のことを言います。まあ、そんなこんなで名称変更して正解ですね。(だざいふえんの検索1位は未だに遊園地のだざいふえん)

 

f:id:aurakei:20190129212528j:plain

だざいふ遊園地エントランス

だざいふ遊園地入り口は何回かリニューアルしていて、自分がずっと昔に行った頃の面影はありませんでした。

入り口前にあるじゃじゃまるの遊具(今は動かない)だけが、昔の面影なんでしょうか…全然覚えてないけど。

じゃじゃまるのにこにこぷんは1982年からスタート。だざいふえんは1957年に開園しているので、だざいふえんはかなり古い歴史を持っています。

 

だざいふ遊園地は入場料500円。2歳までは無料。遊具は2歳から有料。その辺の設定がよくわからん感じですが、1歳児は全て無料になります。

ただ、大人は入場料500円と、遊具ひとつにつき300~400円ぐらいかかるので、意外に出費が嵩むでしょう。

f:id:aurakei:20190129213334j:plain

400円のスカイシップに乗りました。結構高いところを走っていて、高所恐怖症の人にはちょっと怖いかも。

何よりも、鉄骨の強度とかがまだちゃんと保たれてるか心配で怖かったです。

どこか腐食してないかとか、乗り物の接合部はしっかりしているかとか、そんなことばっかり考えてしまいます。

f:id:aurakei:20190129213611j:plain

強度は大丈夫なようで、問題なく進んで行きました。

1歳児を抱えながら、アクセルレバーを引きながら、写真も撮りながら乗ったので結構大変だった…。

 

f:id:aurakei:20190129214011j:plain

だざいふ遊園地には、幼児向け休憩室の「まんまるーむ」があって、ボールプールや、おもちゃなどで遊んで大人は休憩することができます。こちらは無料施設。

授乳室もありますが、誰もいなさそうなのにずっと「使用中」の札がかかっていました。

 

f:id:aurakei:20190129214157j:plain

結局、「まんまるーむ」でほとんどすべての時間を過ごしました。

遊園地のアトラクションよりも、1歳児はこういうところの方がいいんですね…。

 

f:id:aurakei:20190129214403j:plain

乗ることのできないアトラクションも多くて、ただ眺めるだけになります。

ミニ機関車、バッテリーカーなど一部は乗車可能。

このジェットコースターの鉄骨は大丈夫かなあ…。まんまるーむの脇を通っていて、ジェットコースターが通り過ぎる時に轟音をまき散らしていくので、まんまるーむで遊んでいる時も子どもがびくっとしていました。

もっと設置場所を考えて欲しいものです。

 

f:id:aurakei:20190129214608j:plain

遊園地の一番奥のエリア。昔、プールがここにあった気がします。

バズーカ館というアトラクションは、廃墟になっているようでした。

この近くに、何か空中を移動する遊具があったような気がするなあ…。過ぎた月日は恐ろしいもので、いろんなものが無くなって、記憶からもなくなっていきます。

何もかもなくなって、このエリアはただの休憩所になっていましたが、一番奥の場所に休憩しに来る人などいるはずもなく…無人でした。

f:id:aurakei:20190129215017j:plain

この怪しいゴミ箱は誰の作なんでしょう。

 

1歳児ではまだだざいふ遊園地を目いっぱい楽しむことはできないですね。

でも、日曜日でもそんなに混みあわないし、飲食店も中にあって、散歩したり、まんまるーむでのんびりしたり、ゆったりした一日を過ごすことはできました。

使った金額は1500円。多いか少ないかは、よくわからないですね。

喧騒の太宰府天満宮からは逃れることができます。